〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Adobe Premiere Elements 2018




Adobe Premiere Elements 2018 とは

 ビデオカメラやデジタルカメラ、携帯電話からの動画取り込み、動画データの編集、特殊効果追加、Blu-rayディスク・DVDや動画データへの出力ができます。
家庭向けにシーンラインビューで簡単に編集する事が主体ですが、タイムラインビューで高度な編集も可能です。
出力動画データとしては、YouTube等への直接アップロード、MPEG-4形式にしてiPodやPSPで利用することもできます。
バージョンアップに伴い、次のような機能が向上しています。


メーカ及び製品案内のページ

メーカ :アドビ システムズ株式会社
製品案内:アドビ社のAdobe Premiere Elements 2018 のページ


必要環境

CPU:(標準動画の編集時)2GHz以上・SSE2サポート
  (HDV/AVCHD動画の編集時)デュアルコア
OS:Windows 7(SP1)/8/10 (64bit)
RAM:4GB以上
空き容量:10GB以上
画面解像度:1,280x800以上
その他:DirectX 9/10


販売価格

製品版:15,800円
アップグレード版:10,800円


試用版

あり → Adobe Premiere Elements 2018 無償体験版を参照