〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

DVDAuthorGUI-J




DVDAuthorGUI-J とは

 Liquid217氏が開発した英語版のDVDオーサリングツールを、nabe3net氏が日本語版にして、フリーでダウンロード公開しているDVDオーサリング・ソフトです。
 trckjunky氏が開発した dvdauthor というコマンドライン型のDVDオーサリングツールを使いやすくするために、Windows用フロントエンドとして開発されたものです。
予め作成したmpeg基本ビデオストリーム・ファイルやオーディオストリーム・ファイル、メニュー用画像等を元に、メニューやマルチ音声の入ったDVDファイルシステムを作ることが出来ます。字幕の追加も可能です。
 動画ファイルのビデオ/オーディオ分離やDVD書込みを行うツールは付属していませんので、別途用意する必要があります。


必要環境

OS:Windows
その他:VisualBasic 6 ランタイム、DirectX


ダウンロード方法

  1. 字幕入りDVDを作っちゃおう!に行きます。
  2. トップページが表示されますので、タイトル下メニューの「DVDAuthorGUI」をクリックします。
  3. DVDAuthorGUI日本語版のページが表示されますので、ページを少し進んだところにある「ダウンロード」項のピンク色文字の「★DVDAuthorGUI-J日本語版x.xxx」の隣にある「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。





インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、任意のフォルダに解凍します。
  2. 解凍したファイルを、ダブルクリックして実行します。
  3. コンポーネント選択画面が表示されますので、必要に応じて「ActiveX Controls」にもチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「インストール」をクリックします。
  5. インストール完了メッセージが表示されますので、「閉じる」をクリックします。

使用方法

  1. 基本ビデオストリーム・ファイル(m2v/m1v/mpv)と、基本オーディオストリーム・ファイル(ac3,mp2,mpa)を用意します。 ファイルを保存するフォルダ名は、日本語を含まない様にして下さい。
  2. Windowsのスタートメニューから、DVDAuthorGUIを起動します。
  3. DVDAuthorGUIの画面が表示されますので、ISOイメージが必要であれば、メニューバーの「ファイル」−「オーサリング後にISOイメージを作成する」を選択し、チェックを入れます。
  4. メニューバーの「タイトルの追加」アイコンをクリックします。
  5. ビデオ・ストリーム選択ダイアログが表示されますので、予め用意しておいた基本ビデオストリームを選択し、「開く」をクリックします。
  6. 続いてオーディオ・ストリーム選択ダイアログが表示されますので、同様にオーディオストリームを選択し、「開く」をクリックします。
  7. 上記3項を繰り返し、全てのビデオ/オーディオストリームを登録します。
  8. メニューバーの「オーサリング」アイコンをクリックします。
  9. DVDシステムファイル作成場所及びフォルダ名指定ダイアログが表示されますので、フォルダ名を入力して「保存」をクリックすると、DVDシステムファイルが作成されます。
  10. DVD書込みツールを用いて、DVDに書き込んで完成です。

関連ホームページ