〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜


VirtualDubMod




VirtualDubModとは

 Avery Lee氏が開発した動画編集ソフトVirtualDubを元にSourceForge.netのVirtualDubModプロジェクトが開発し、フリーでダウンロード公開している動画編集ソフトです。
オリジナルのVirtualDubを改造したVirtualDubMpeg2、VirtualDubOGM、VirtualDubAVS等を統合したものです。
 AVI形式の動画ファイルに対し、不要な部分をカット、インターレースを解除、色合い等画質の調整、解像度変更、上下トリミングなど、様々な編集が可能です。
GPLライセンスによりソースコードも公開されています。


必要環境

OS:Windows 95/98/NT/2000/XP


ダウンロード方法

  1. VirtualDubMod日本語版のホームページに行きます。
  2. トップページが表示されますので、画面上方メニューの「ダウンロード」をクリックします。
  3. ダウンロードのページが表示されますので、「安定版」の項の「VirtualDubMod x.x.x.x バイナリ」をクリックして本体をダウンロードします。
  4. 有志によりオンラインストレージに保管されているDLL詰め合わせ、VirtualDubMod_dll_pack.zipをダウンロードします。
  5. 同じく保管されている、msvcr70.dll保管先に行き、「DOWNLOAD ZIP-FILE」ボタンをクリックしてダウンロードします。





インストール方法

  1. ダウンロードした本体を、任意のフォルダに解凍します。
  2. ダウンロードしたDLL詰め合わせと"msvcr70.dll"を、任意のフォルダに解凍し、上記フォルダ内の"VirtualDubMod-jp"フォルダに移動します。
  3. "VirtualDubMod-jp"フォルダ内の"VirtualDubMod.exe"をダブルクリックして起動します。
  4. GPLライセンス内容が表示されますので、「OK」をクリックします。
  5. オリジナルのVirtulDubの作者 Avery Lee氏からのメッセージが表示されますので、「VirtualDubを起動」をクリックして完了です。
※必要に応じて、コーデックをインストールします。

使用方法

  1. "VirtualDubMod-jp"フォルダ内の"VirtualDubMod.exe"をダブルクリックして起動します。
  2. VirtualDubMobの画面が表示されますので、編集元の動画ファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. 不要フレームをカット編集する場合は、映像のすぐ下にあるシークバーと、画面下のボタン群の一番右側の2つセットのボタンを操作してカット範囲を指定し、メニューバーの「編集」−「フレームを削除」を選択します。
  4. 画質調整を行う場合は、「映像」−「フィルタ」でフィルタ選択画面を表示させ、「追加」ボタンをクリックして表示されるフィルタ群の中からフィルタを選び、「OK」をクリックします。  
       
    • インターレースを解除する場合は、「deinterlace」フィルタを選択します。  
    • 色合いを調整する場合は、「HSV adjust」フィルタを選択します。  
    • 解像度を変更する場合は、「resize」フィルタを選択します。  
    • 明るさやコントラストを調整する場合は、「brightness/contrast」フィルタを選択します。  
  5. メニューバーの「Video」−「CODEC」を選択します。
  6. Video codec選択画面が表示されますので、任意のコーデックを選択します。この際、右の「フォーマット制限」欄に"Couldn't find ...."等と表示される場合は、他のコーデックを選択します。また、「クオリティー」を適当な値に設定します。 
  7. メニューバーの「AVI」−「名前を付けてAVIを出力」を選択します。
  8. ファイル出力ダイアログが表示されますので、保存場所やファイル名を指定し、「保存」ボタンをクリックします。
  9. 編集状況により、「Video coach warning」が表示されます。再編集する場合は「No」を、無視する場合は「Yes」をクリックします。
  10. 映像が表示されながら、エンコード及びファイル保存されます。

関連ホームページ