〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜


MovieWriter 2010




MovieWriter 2010 とは

★★販売終了★★
 ビデオカメラからの動画取り込み・出力、動画データ編集、特殊効果の追加、DVDや動画データへの出力が可能なソフトです。
 MPEG-2やMPEG-4 AVC形式、Blu-ray対応を省いて価格を抑えた、Basic Editionもあります。
 元々は台湾のUlead Systems(日本法人はユーリード株式会社)が開発しましたが、InterVideo社が同社を買収し、更に現在のコーレル社がInterVideo社を買収して今に至っています。
 同じメーカのVideoStudioに比べ、動画編集機能を簡略化し、DVD制作に主眼を置いています。
基本機能のPro版と、HD画質へのアップコンバート機能などを備えたUltimate版があります。


メーカ及び製品案内のページ

★★販売終了★★

必要環境

CPU:Intel Core Duo 1.83GHz以上 or AMD Dual Core 2.0GHz以上
OS:Windows XP/Vista/7
RAM:1GB以上
空き容量:4GB以上
画面解像度:1,024x768以上


販売価格

通常版:15,540円(Basic Edition:10,290円)
特別優待版:10,290円(Basic Edition:6.279円)
アップグレード版:8,379円
アカデミック版:8,190円(Basic Edition:5,229円)
ダウンロード版:11,340円(Basic Edition:7,500円)
アップグレードダウンロード版:7,329円(Basic Edition:4,900円)


試用版